2013年10月30日

2013年08月21日

前田敦子の主演映画『もらとりあむタマ子』が劇場公開、


前田敦子の主演映画『もらとりあむタマ子』が劇場公開、


 ボサボサ頭で毎日がほぼジャージ姿、家事を手伝うこともなく、ただひたすらロールキャベツや、カレーライス、アイスキャンディ……などを食べまくり、中学生にまで同情されてしまうほどの“残念な実家依存娘”タマ子を演じる、前田敦子の女優としての新境地にも注目を。

 なお、脚本は、山下監督と大学時代からコンビを組み、昨年は『ふがいない僕は空を見た』が高い評価を得た向井康介(2人によるオリジナル映画は『松ヶ根乱射事件』以来6年ぶり!)。そして主題歌は、星野 源「季節」(3rdアルバム『Stranger』収録)です。





 『苦役列車』に続き、前田敦子と山下敦弘監督が再びタッグを組んだ映画『もらとりあむタマ子』が11月23日(土)より公開決定、さらにはアジア最大の映画祭である〈釜山国際映画祭〉の「A Window on Asian Cinema部門」に出品されることが決定しました。

 音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」のステーションIDから生まれた本作は、前田敦子が扮する“タマ子”という女の子の日常のひとコマを、季節感溢れるワン・シチュエーションで表現したもの。 ――タマ子は東京の大学を出たものの、父親がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業のスポーツ店も手伝わず、ただひたすらに食っちゃ寝、食っちゃ寝の毎日――。そんなタマ子がちょっとした一歩を踏み出すまでの1年を、秋にはじまり、夏に至るまでの四季を通して描いています。

posted by beru at 23:23| Comment(0) | もらとりあむタマ子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

あっちゃん、2年ぶり女優で“凱旋” 


あっちゃん、2年ぶり女優で“凱旋” 



2年前はAKB48としてステージに駆けつけていたが、今回は女優として“凱旋”を果たし「夢だった」と喜びを噛み締めた。特別招待作品『クロユリ団地』で主演を務めた前田と俳優の成宮寛貴が姿を見せると、割れんばかりの歓声。

“Laugh(ラフ)&Peace(ピース)”をコンセプトに、今年で5回目を迎える映画の祭典『沖縄国際映画祭』が23日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター及び周辺地域で開幕した。

初日には女優の前田敦子が2年ぶりに同映画祭に来場し「ずっと女優としてレッドカーペットを歩くのが夢だったのでうれしいです」ととびきりの笑顔を見せた。

ファンによる「あっちゃん」コールで迎えられた前田は「映画祭に若い子がいっぱい来てくれてうれしい」と大興奮。


あっちゃん、2年ぶり女優で“凱旋”

posted by beru at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。